お家の新築が決まったら

 

 

 お家の新築が決まったら
 新築施工例

 

 

 

 

 個人情報保護方針

 

 

 

 

 

 

 

 

  家作りはこうして進む

 

 

  1.欲しい家のイメージづくり

家族の好みや長期的なライフプランを考慮しながら、外観イメージや間取りなど、どんな家に住みたいか家族みんなで話し合います。

 

  2.情報収集

まずは住宅雑誌などで知識を仕入れるのが基本。住宅メーカーのパンフレット、インターネットで情報収集するほか、住宅展示場やショールーム、各種のセミナーなどにも積極的に足を運びましょう。

 

  3.資金計画

自分の年収や貯蓄から、現実的にいくらの家が買えるのか計算します。工事費以外にかかる、手数料や税金などの諸費用も忘れずに。

 

  4.土地チェック

土地の方位や地形、用途地域などの法的制限、敷地境界線などを確認します。一般的には施工業者により調査されます。

 

  5.施工業者を数社に絞る

ハウスメーカーや工務店、設計事務所などから数社を選び、予算・希望を伝えて基本設計と概算見積もりを出してもらい、比較検討します。

 

  6.施工業者を決定・契約

依頼する業者を決定し、実地設計と本見積もりをもらいます。契約書に不明な点はないか確認したうえで、建築請負契約を結びます。

 

  7.地鎮祭~着工~上棟式~竣工

本体工事は仮設・基礎工事から 始まり木工事へと進み、棟があがった段階で上棟式を行います。さらに屋根工事、電気工事、給排水衛生工事、内装工事を経て工事が完了します。工事中、可能な限り現場に足を運びたいところです。

 

  8.竣工検査

工事責任者とともに住まいをチェックし、工事に不備な点はないか確認します。

 

  9.引き渡し

建物の保証書や設備機器の取り扱い説明書などを受け取り、内容を確認します。

 

  10.登記

建物の表示登記や保存登記、抵当権設定登記などを行います。

 

 

  工事期間はだいたいどのくらいかかるの?

 

住宅の建築日数は、建築面積や工法によってさまざまですが、在来工法の木造住宅で4~6カ月、鉄筋コンクリート造で6~7カ月というのが一般的です。 同じ在来工法でも、建築部材をあらかじめ工場で加工するプレカット工法なら、より短い工期での建築が可能。 パネルの組み合わせで造られる2×4工法の家は、在来工法より1カ月ほど工期が短縮できるといわれています。 さらに工期が短いのがユニット工法。居室や水回りなど、住宅の基本単位 を工場で造り、現地で組み立てる工法なので、40~60日という短い期間で家が完成します。